ダメ絶対!子供の身長を伸ばすにはダメな方法10個

身長伸ばし隊

ヒト成長ホルモンの身長への効果と副作用

投稿日:

・成長ホルモンが分泌するために

成長ホルモンとは、骨を伸ばす作用があり子供の成長に関わっています。成長ホルモンが多く分泌されるのは夜の睡眠している間です。

しかし、最近の子供は、就寝時間が遅い傾向にあります。食事が不規則でバランスが悪い、運動習慣が少ない、テレビやゲームなどをよくしていることなどが夜型の生活にさせていることが考えられます。

幼児期から思春期にかけて成長ホルモンが多く分泌される時期は、早寝の習慣を身につけて、成長ホルモンの分泌を促す生活習慣を身につけることが大切です。

・成長ホルモン治療で身長が伸びる

成長ホルモンが何らかの原因で分泌できない子供に、成長ホルモンを寝る前に注射することによって、成長ホルモンを増やす治療があります。この治療を行うと身長が伸びて、大人の骨が出来上がる15歳から17歳ぐらいまで治療を続けることで、平均的な身長になります。

・成長ホルモン治療の注意点

体内にある成長ホルモンを補う治療が成長ホルモン治療なので、一般的に副作用が少ないといわれています。ただし、注射した箇所が赤くなったり、へこんだり、頭痛や吐き気、骨や関節の痛みなどが現れる場合があるので、注意が必要です。

(成長ホルモンの働き)

成長ホルモンは、子供の頃の成長期に大切な役割があり、身長との深い関係性があります。成長期だけではなく、成人してからも成長ホルモンの働きは様々な部分に作用します。
成長期に与える成長ホルモンの働きは、骨の成長や発達、骨量の維持などがあります。骨に与える作用以外にも、筋肉量の維持や記憶力など脳への働きかけもあります。

(成長ホルモンと身長の関係)

成長ホルモンは骨の成長に働きかける為、身長を伸ばすには大切な物質です。
成長ホルモンの分泌量が多くなれば、その分身長を伸ばす働きに期待ができるので、分泌量を増やす事が大切です。成長ホルモンの分泌が最も多くなるのが深い睡眠状態の時の為、不規則な睡眠は成長ホルモンの分泌を妨げる原因になります。

(成長ホルモンの分泌を促すには?)

成長ホルモンの分泌を正常に保つには、規則正しい睡眠や運動、バランスの取れた食生活などに心がける事が重要なポイントです。
また、成長ホルモンの分泌を促す成分の摂取も、積極的に行いたい部分です。分泌を促す成分は、アルギニンやナイアシン、オルニチン、シトルリン、グルタミン、グリシンなどがあります。
これらの成分を、食品から充分に摂取できない場合には、サプリなどを使用するのも良い方法です。

おすすめ記事一覧

1

プロテインで身長は伸びるのか ■役割を担うたんぱく質を多く含む プロテインで身長は伸びるのかと言えば、伸びます。プロテインとは日本語に略すとたんぱく質という意味があるのですが、このたんぱく質というのは ...

2

ドクターセノビルを今すぐ購入する ドクターセノビルの成分と効果 ドクターセノビルには、アルギニンやα-GPR、ボーンヘップ、オルニチン、シトルリン、ビタミンB群、クエン酸などが含まれています。 アルギ ...

3

   ノビーノを今すぐ購入する ノビーノの成分と効果 ノビーノには、ミネラルやビタミン類、乳酸菌などが含まれていて、リニューアルに伴いボーンヘップが追加配合されています。 ミネラルには、カル ...

4

のびるんるんを今すぐ購入する   贅沢のびるんるんの成分と効果 お子様の背が低いとお悩みではありませんか? お子様の身長の発育には、カルシウムやビタミンD、アルギニン(アミノ酸)などの栄養素 ...

5

フィジカルBを今すぐ購入する     フィジカルBの成分、原材料、効果は ・フィジカルBの成分 フィジカルBの主成分となるのは、国連で注目されているスピルリナになります。 なぜなら ...

-身長を伸ばす

Copyright© 身長伸ばし隊 , 2018 All Rights Reserved.