ダメ絶対!子供の身長を伸ばすにはダメな方法10個

身長伸ばし隊

身長が伸びない原因3つ

投稿日:

 

1、生活習慣の乱れ(睡眠、栄養、運動不足)

成長ホルモンは寝ている間、特に22時から2時の四時間の間に最も盛んに分泌されると言われています。この時間がゴールデンタイムです。

そのため、夜更かしをすることによって成長ホルモンの分泌が悪くなります。この、ゴールデンタイムに寝るためには、朝しっかりと起きて朝日を浴びることも必要です。朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。

朝日を浴びてから15~16時間後になると、眠くなるホルモンが分泌されます。つまり、睡眠時間が足りないからといって、いつまでも寝ているのは逆効果となります。

さらに、寝る直前までスマートフォンをいじったり、テレビを見ていると睡眠が妨げられ、成長ホルモンの分泌がうまくいかないこともあります。

成長ホルモンがしっかり分泌されるためには、質のよい睡眠が必要ということです。また、バランスのよい食事も大切です。体の60%は水分ですが(成人)次に多いのはタンパク質です。体を作るために必要なタンパク質やビタミン、ミネラルを補うためにはバランスのいい食事か不可欠です。中でもタンパク質は体内で合成できないものがあり、食事から摂るしかありません。

そして、成長期には日々の生活に必要なカロリーだけでなく、体を作るために多くの栄養素が必要となります。そして、運動も必要になってきます。運動をすることで、骨や筋肉が傷つけられます。その傷つけられた骨や筋肉の組織を修復するために、成長ホルモンが分泌されるのです。

修復されるごとに骨や筋肉は太く、丈夫になっていきます。このときに骨は太くなるだけでなく伸びるため、身長も伸びるのです。もちろん、成長ホルモンの分泌だけでなく、修復の材料が必要です。骨ならカルシウムやビタミン、ミネラル、筋肉はタンパク質が主な材料です。ここもバランスのよい食事が必要だということに繋がります。

2、成長ホルモンの分泌不足

生まれつき脳に何らかの異常があり、成長ホルモンの分泌がうまくいかない病気や染色体異常などがあります。脳腫瘍など原因がはっきりしていれば、その原因を取り除く(摘出手術をする)ことで戻る場合もあります。また、成長ホルモンを注射するといった治療が必要になる場合もあります。

3、遺伝

身長に対する遺伝の影響は25%程しかないと言われています。戦後日本人の平均身長は伸びています。それは、現代では食べるものが豊富にあり、栄養が摂れるからです。

これらのことから、身長が伸びない主な原因は一番先にあげた生活習慣の乱れが原因と言えます。

 

おすすめ記事一覧

1

プロテインで身長は伸びるのか ■役割を担うたんぱく質を多く含む プロテインで身長は伸びるのかと言えば、伸びます。プロテインとは日本語に略すとたんぱく質という意味があるのですが、このたんぱく質というのは ...

2

ドクターセノビルを今すぐ購入する ドクターセノビルの成分と効果 ドクターセノビルには、アルギニンやα-GPR、ボーンヘップ、オルニチン、シトルリン、ビタミンB群、クエン酸などが含まれています。 アルギ ...

3

   ノビーノを今すぐ購入する ノビーノの成分と効果 ノビーノには、ミネラルやビタミン類、乳酸菌などが含まれていて、リニューアルに伴いボーンヘップが追加配合されています。 ミネラルには、カル ...

4

のびるんるんを今すぐ購入する   贅沢のびるんるんの成分と効果 お子様の背が低いとお悩みではありませんか? お子様の身長の発育には、カルシウムやビタミンD、アルギニン(アミノ酸)などの栄養素 ...

5

フィジカルBを今すぐ購入する     フィジカルBの成分、原材料、効果は ・フィジカルBの成分 フィジカルBの主成分となるのは、国連で注目されているスピルリナになります。 なぜなら ...

-未分類

Copyright© 身長伸ばし隊 , 2018 All Rights Reserved.